2011年3月13日日曜日

原発 メルトダウン 爆発 被爆 リスク  深刻度を増す状況・・・ 自分を守る ヨード剤など

深刻度を増す状況・・・

こんなこと ここに書いても 
しょうがないんですけど

日本のメディアは 理系頭が弱すぎかもしれません 大泣き

それと パニックを恐れてあまりに真実を伝えなさすぎでは。

徒に騒いでも仕方のないことですが




原発で未曾有の事態が現在進行形で発生し、将来にわたって深刻な状況が残りかねない
様子なので 気持ちの整理の意味で書きます。

まず 憂慮すべき状況 について ○HKが 政府 電力会社の情報のみを伝達
中立的な専門家のコメント を積極的に 報道していないことから

どれだけ 深刻な状況であるかがワカリマス・・・・ガクガクブルブル


その理由 想定された緊急事態であったこと

 緊急炉心冷却装置が地震で稼動せず制御不能になり 炉心融解となり
核燃料と放射性物質が 水素爆発等で、大気中に拡散


(ウエブで調べてください 係争中事案です 原発の安全性に関する だから発表が 裁判の答弁 みたいになってしまうのです そして 対策が後手後手に・・・・)


の悪夢のシナリオが現実のもの となってしまったため。

それについて今 とやかく責任を云々しても仕方のないことです(キッパリ)だって
冷房使ったり、電磁調理器使ったりしてる訳ですか ら 契約者も責任あり 一蓮托生 

徒に不安になったり 政府や電力会社を攻撃しても事態は変わらない
(責任はやはり法的にきちんと明確にすべきでしょう いつの日か)



ウエブサイトでは 不安を煽りすぎ・・・・ 
チェーンメールや掲示板は めちゃくちゃな 情報錯綜 不安ばかり募る・・・・

一方、ごく一部の情報しか発表しない 政府と電力会社 それに主要メディア
状況があまりにも深刻かつ 十分正確に把握できていない状況 が続いている 

不必要に不安を煽らないようにすべき ということなんでしょうか



取り急ぎ一般市民の我々としては慌てず騒がず

現場で命を懸けて作業しておられる方々の安全と奮闘と

無事核物質がコントロールされ、核物質の拡散量と範囲がすこしでも小さくなることを祈り
(かなりキビシイかもしれないケレドモ) 

節電を心がける 

絶対に復興するんだと 強く決意する ということが まずは 大切ではなかろうかと。

広島、長崎を 克服して 今 両都市で生活している 我々の力を信じましょう。



次に できることなら 遠くに避難する に越したことはない。

風上に避難しましょう 政府の20キロは 安全性からどうでしょうか?

これからも爆発の可能性があると政府も認めています。


海外の報道は もっと避難すべきだ と言っています。
現地でも自主的に避難が進んでいると聞いています。


でも避難できない事情 避難路がない

仕事も家庭もある 比較的距離がある

たとえば 関東に住んでいたら というのもあると思います。
私もそうです。



風向きに注意すべきです。

基本的には偏西風や季節風で太平洋側に流れますが
海風による内陸向きの風や、低気圧、前線の通過で風向きは変わります。

今後爆発的事象が生じた際に噴出された高濃度のガス雲がどのように回るのか
政府も発表しないと思いますので

この確認さえ行っていれば当面は 不必要に不安にならずにすみます。

ほとんどの場合、直接関係のない地域ということになると思います。
心安らかに 事態の推移を見守るのが得策です。


もしも・・・・ について

基本的に現在の拡散量は 限定している様子 (現地周辺に ただし情報がない)なので
広域拡散している可能性は低いと思われます。

ただし、今後 もしも 爆発的事象 と 大気への拡散が生じ、さらに内陸に向けて風が吹いた場合


気象庁の情報を見て、風が大きく回り込んでご自宅の地域に接近するおそれがある場合には
不要な外出は控え、効果があるかは不明ですがマスク(出来ればぬらしたタオルガーゼ等)
で吸入しないようにする。帽子、フードをかぶり、手袋を付け、皮膚の露出を避ける

それから、もしも、HEPAフイルターのついた空気清浄機がご自宅にありましたら
(花粉症用で売っています)これを部屋で稼動させると気分的に良いかもしれません。

また、掃除機の紙パックでHEPAフイルター のもの 確か日立製 のフイルターは
比較的除去能が高いと思いますのでこれを お手持ちの清浄器のフィルターに
うまくフィットさせて 濾過能力を向上させる方法もあります。

また、万が一の緊急的状況においては
(突然の大きな爆発や隣接地域から脱出を余儀なくされたなど・・・)

N95マスク(3Mなど)比較的濾過能の高いマスクを使う
(重症な花粉症用として小売している場合がある)
(放射性微粒子に関する除去能は不明だが・・・)

あるいは

大きめの(HEPAの)掃除機の紙パックを
口にあてがって待避する
紙パックをマスク型に加工できるか 形式によって難しい場合もありますが
空気が漏れないように周囲を補強して口と鼻にあてがいます。
バッグは潰した状態で、なるべく膨らませないようにします。


もちろん 救助隊からマスクを借りるのが先決です



飛散している地域外であれば、何もする必要はありません。

気になる方は花粉症のマスクかなにかをしていれば気分的に良いかもしれません
私は花粉症なのでマスクして外出してますのでいつもと変わりません。



拡散地域の場合、一定期間 降雨や粉塵を決して吸い込まないよう、また着衣等に付着させないよう
もしも汚染された可能性のある場合は 着衣ごと破棄する ことが好ましいと思います。

ヨード剤についてです。
多くの情報ではヨードを内服すべきと言っていますがヨードの内服にもリスクはあります
採りすぎた場合には甲状腺の機能が低下する懸念があるのです。

パニック的にヨードを摂取するとむしろ健康を害する可能性もあります。
日本人は海外他地域よりも魚貝類の摂取量が多く、微量金属は不足していない場合が殆どです。

ですから、小児や新生児などで、明らかに被爆の可能性のある隣接地域の方は 医師に相談の上で
適切な量を摂取してください(体重 年齢によって量は違います)

そうでない場合は気持ちだけですが、海草類などを普通に食事とともに召し上がるのが安全だと思います。

体内に十分量のミネラルが存在していれば キレートされていない放射性物質は比較的吸収されにくいのです






MOX燃料(プルトニウム)を含む 福島第一 3号機 の核物質が拡散しないことを 祈りましょう





食料についてです
あまり慌てて買い込みに走るのは得策ではありません。
お互い不安を煽るだけで意味がありません。


拡散地域以外の新鮮な食材、拡散する以前の加工食品で密封されていたものは安全

また、密封していないものも 汚染された粉塵、放射性の大気にさらされていなければ 

すなわち、現時点で、通常の流通経路の食品であれば
日常我々が行っている、水道水等での洗浄で、しばらくは 食用に問題ないと考えます。


流言に踊らされて 間違っても ヨード卵とか トイレットペーパーとか 買わないようにしてください。(爆)


以上は 専門家でない 一市民の 理系・・・・汗 が 備忘録 として 個人的に 書いています。
鵜呑みにせず ご自身の判断で行動してください 

0 件のコメント: